中国輸入ビジネスで稼ぐ力と自由を手に入れる

あなたの望みを叶えるために、中国輸入という手段があります

information

メルマガに登録して最新情報を受け取りましょう!
あなたの中国輸入ビジネスをもっと成功させる秘訣を公開中!


 【片桐亮】物販ビジネス 月収100万円倶楽部 メルマガ登録 
お名前
メールアドレス
・配信頻度は不定期です。
・いつでも解除が可能です。

記事一覧

No Image

輸入ビジネス全般
今日は各方面で話題になっている、アマゾンの詐欺被害についてです。現在のアマゾン詐欺被害の概要1 アマゾンのアカウント乗っ取りの対処方法2 詐欺出品者に相乗りされたときの対処方法3 せどり、もしくは通常購入で詐欺出品者から商品を買ってしまった場合の対応まず現在のアマゾン詐欺被害の概要です。・アマゾンでアカウントの乗っ取りが横行・乗っ取られたアカウントで、人気商品に自社出荷で相乗り、激安価格で出品される...

記事を読む

中国輸入ビジネス
今日はアマゾンのリサーチについてです。アマゾンのリサーチは、一言で言うと、「良く売れていて、ライバルが弱い商品を狙う」と上手く行きます。良く売れていて、というのはレビュー数でざっくり判断できます。レビューがどれだけ入っているかで、販売数を推測できます。レビューが付く確率はおおよそ40個に1つです。これは僕やコンサル生数人の商品で検証した結果の平均値です。ただし、この数字はあくまでもざっくりなので、...

記事を読む

中国輸入ビジネス
前回はメルカリ外注化の話をしました。メルカリはかなり外注化が簡単で外注単価も安い販路です。外注化をすると、半自動化することが出来るようになり、外注単価の分、利益率は下がりますが自分の手が空きます。また規模の拡大をすることで、売上はかなり伸ばせます。そうすると、自分一人でやるよりもトータルの利益が増えるようになってきます。自分自身はあまり稼働しなくても、十分に売り上げ、利益が上がる。まずはここを目指...

記事を読む

メルカリ
今日は外注化の話です。メルカリの外注化ポイントはこんな感じです。・検品、梱包、発送・リサーチ・お客さんとのやり取り・商品ページ作成・写真撮影、画像加工この中で比較的時間がかかり、外注化が簡単なもの(つまり誰でも出来る)は発送です。なので、発送の外注からスタートするといいでしょう。発送の外注化は僕は2種類あると思っていて、1つは個人の外注さんに依頼。もう1つは障害者施設への業務委託です。今回は個人の外...

記事を読む

メルカリ
今日は以前の続きでメルカリ複数アカウント運用についてです。複数アカウント運用に関しては、やり方が色々あるのですが、大きく2種類に分かれます。1つは大量アカウント(多いと100とか)を使って、スパム的に上位表示を繰り返し、力技で無理やり売っていくスタイル。もう1つは少数のアカウントで、1アカウントあたりの売上を大きくして、効率的に稼ぐ方法です。僕は後者をおススメしています。前者の大量アカウントの方法で稼...

記事を読む

No Image

メルカリ
今日は渋谷で行うメルカリセミナーのご案内です。4/15(土)に渋谷でメルカリのセミナーを行います。メルカリセミナーは初級リサーチセミナーとリサーチ実践会に分かれています。初級リサーチセミナーは3000円でメルカリのリサーチ方法を基礎から学べます。メルカリのリサーチはとてもシンプルで、ある基準に従って商品を探すだけです。基準と言うのは、これらの数字です。・1か月の販売個数・ライバル数・利益額・利益率セミナー...

記事を読む

メルカリ
「僕がゼロからスタートするなら」の3回目です。前回までに不用品処分や自己アフィリから、メルカリに参入するところまで書きました。今日は商品ページの作りこみについてです。メルカリに限りませんが、物販をしていれば必ずライバルがいます。ライバルとの戦いに勝たないと儲からないわけですが、一つの強力な武器になるものが商品ページの作りこみです。例えばこの商品コッチの商品と非常によく似ています。というか多分一緒で...

記事を読む

メルカリ
前回に引き続き、もし僕がゼロからやるなら何をするか?を書いていきますね。最初はメルカリやアマゾンを使って、不用品の処分をして、それから自己アフィリでクレジットカードと銀行口座の作成をするところまで話をしました。前提は、資金30万使える時間 1日3時間ですが、この時点で資金は35万位になっているはずです。資金も少し増えて、いよいよビジネスのスタートです。最初はメルカリから始めます。理由は簡単で、即金性が高...

記事を読む

輸入ビジネス全般
今日はもし僕がゼロからビジネスをやるなら、何をやるか?という話です。前提として、所持資金は30万円。使える時間は1日3時間と設定します。一番最初にやる事は、間違いなく不用品の処分です。これは主にメルカリを使います。理由はヤフオクよりも簡単で、早く、高く売れるからです。参考までにメルカリでは売れた商品の約2割が出品から1時間以内で売れています。本、CDなどのメディア系のみ、アマゾンを使います。理由はメディア...

記事を読む

輸入ビジネス全般
独立で悩んでいる方へこんにちは。片桐です。今日は独立しようか悩んでいる方へのメルマガです。ネット物販ビジネスで稼げるようになると、誰でも頭に浮かぶのが「独立」です。僕が独立したときは、2年ほど副業を続けていて、月収で50-80万位を安定して稼げるようになっていた時でした。ちょうどそのタイミングで会社の異動があり、異動して会社員を続けるか、退職するかの選択で退職を選びました。退職する時はさすがに悩みまし...

記事を読む

アマゾンで詐欺出品者に相乗りされたときの対処方法


今日は各方面で話題になっている、
アマゾンの詐欺被害についてです。



現在のアマゾン詐欺被害の概要

1 アマゾンのアカウント乗っ取りの対処方法

2 詐欺出品者に相乗りされたときの対処方法

3 せどり、もしくは通常購入で詐欺出品者から商品を買ってしまった場合の対応





まず現在のアマゾン詐欺被害の概要です。


・アマゾンでアカウントの乗っ取りが横行

・乗っ取られたアカウントで、人気商品に自社出荷で相乗り、
激安価格で出品される。

・激安なので買う人が続出するが、発送通知だけ押されて、
商品は届かない。

・アマゾンからの入金は口座情報を書き換えられる。
自分の口座には入らない。

・最近は人気商品のみならず、
あらゆる商品、カテゴリに自社出荷、激安価格で相乗りしまくり。
当然商品は送られない。



他にもいくつかのパターンがありますが、
大体こんな感じになっています。



1 アマゾンのアカウント乗っ取りの対処方法

アマゾンに確認したところ、
現時点で2段階認証の導入しか有効な方法は無いとのことです。

もしもすでに乗っ取りの被害にあっている場合は、
すぐにテクニカルサポートに電話してください。
メールではなく電話です。

メールだとかなり対応が遅れることがあるためです。


2段階認証のやり方ですが、
セラーセントラルのヘルプから「2段階認証」と入力すると、
案内が出てきます。

これはアカウントを守るために
全ての出品者が必ずやっておきましょう。





2 詐欺出品者に相乗りされたときの対処方法


詐欺出品者がありえないような価格で
自社出荷で相乗りしてくることがあります。

お客さんが安いからと思って商品を買っても、
詐欺なので届きません。

結果、商品ページのレビューが荒れる恐れが出てきます。



もし自分の商品ページが詐欺出品者と思われる相乗りの被害にあっている場合は、
アマゾンに電話で連絡しましょう。

これもメールではダメです。

電話して対応してくれるかと言うと、
してくれないこともあります。

その場合は諦めるか、何度も電話するしかありません。


なお、商標登録を取って、
プライベートブランドの要件を満たしている場合は、
商標権または意匠権の侵害を報告フォームから連絡することで、
相乗りを強制排除することが可能です。







3 せどり、もしくは通常購入で詐欺出品者から商品を買ってしまった場合の対応


詐欺出品者から商品を購入してしまった場合、
いつまで待っても商品が届くことはありませんが、
発送通知や追跡番号は出されます。

何らかの理由で遅れているなどの連絡が入ることもあるようですが、
詐欺なので商品は届きません。


通常価格よりも明らかに安い価格で買っている場合に、
詐欺出品者からの購入をしてしまっているかもしれません。


その場合、アマゾンマーケットプレイス保証を申請しましょう。


これでお金は戻ってきます。


しかし住所などの個人情報は、
詐欺出品者に取られてしまい、
詐欺サイトの特商法などで悪用される恐れがあります。


非常に残念ですが、今のアマゾンで商品を購入するのは、
かなり危険な状態になってしまっています。

特にマーケットプレイスの激安商品は絶対に
手を出さない方がいいでしょう。



アマゾンにこの件について確認しましたが、
現状は購入者や出品者の対応に追われていて、
全てが後手に回っている印象でした。


今の時点で有効な対応策は現状出ていないそうです。
詐欺出品者が悪い事は間違いないのですが、
アマゾンにも間違いなく責任があり、
消費者、出品者共に、かなりの実被害が発生しています。



本当に早く何とかしてほしい
と切実に思いますが、あまり期待できなさそうなので、
自分で出来る自衛をしっかりやっておきましょう。


とりあえず2段階認証は絶対にやりましょう。
これだけで少なくともアカウントの乗っ取り自体は、
高い確率で防げるはずです。


よろしくお願い致します。



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

僕がゼロからスタートするなら その7 アマゾンのリサーチ

search-2041815_640.jpg


今日はアマゾンのリサーチについてです。



アマゾンのリサーチは、

一言で言うと、
「良く売れていて、ライバルが弱い商品を狙う」
と上手く行きます。



良く売れていて、というのはレビュー数でざっくり判断できます。

レビューがどれだけ入っているかで、
販売数を推測できます。

レビューが付く確率はおおよそ40個に1つです。

これは僕やコンサル生数人の商品で検証した結果の平均値です。
ただし、この数字はあくまでもざっくりなので、
レビューが増える施策を取っていたりすると、大きく変わってきます。



最初はざっくりで目星をつけてから
なるべく正確な数字を把握したいので、
狙っている商品が1か月にいくつ売れているのか?
はしっかりチェックします。


チェックの方法は、
商品購入直前の画面まで行って、
購入数を999個にして更新すると、
残り在庫がチェックできます。



在庫チェックを週に3回くらいの頻度でやって、
おおよそ1か月での販売個数をチェックしましょう。
1週間の結果に4をかけて1か月の販売個数は予測できますね。



ただし、1日に100個以上売れるような商品は
大抵いつチェックしても999個になります。

また、購入数制限がかかってる場合も正確な数が分かりません。





これでよく売れてるかどうかは分かります。





次にライバルが強いかどうかですが、
ページを見て、強い弱いを判断します。



いくつかチェックポイントを書くとこんな感じになります。


・商品写真を撮影、画像加工している。

・商品紹介コンテンツが作りこまれている。

・文章量が多い。

・レビューの星の数が多い。

・レビューの内容が平均4以上。

・価格が安い。

・規約違反が無い。


上記のようなページは強いと判断します。

ライバルがこんなページばかりだとしたら、
自分はそれを超えないと売れません。

超えることが出来るなら参入してもいいんですが、
難しいと感じる場合はやめましょう。



その場合は、
もっとニッチな市場にいくと、
ライバルが弱くなることが多いです。



傾向としては、
激戦区ほどライバルが強くて、
売上の上限値が高く、
上手く行った時の利益が大きいです。

ニッチほどライバルが弱いですが、
上限値が低く、
利益額があまり大きくなりません。
また、ライバルの参入に弱いのはニッチです。

ニッチの場合、
強いライバルが出ると利益の大半を持って行かれやすいからです。



狙いは、
良く売れていて、
ライバルが弱いジャンル、カテゴリ、商品です。



そういった商品を見つけることがリサーチ作業です。



リサーチが上手いと、
商品ページの作成がそこまで上手くなくても
出品するだけで結構売れます。





良く売れていて、ライバルが弱い商品
が見つかったら、あとは価格差のチェックです。



中国で同じ、もしくは類似商品を見つけて、
価格差をチェックします。

価格差が取れるなら仕入れ、
取れないなら諦めます。


最低でも利益率で30%は欲しいです。
これを下回ると広告を打ったり、
販売促進を行う際にかなり難しくなるためです。



なお類似商品の場合は、
リスクが増えるので、
もしやるなら類似商品を複数種類購入して、
それぞれの品質をチェックしましょう。


商品のレビューを読むと、
お客さんの需要が分かるので、
それをちゃんと満たせる商品であるかは確認が必要です。





参考になれば幸いです。



では、また☆

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

僕がゼロからスタートするなら その6 アマゾン販売

danbo-1875692_640.jpg


前回はメルカリ外注化の話をしました。


メルカリはかなり外注化が簡単で外注単価も安い販路です。

外注化をすると、
半自動化することが出来るようになり、
外注単価の分、利益率は下がりますが自分の手が空きます。


また規模の拡大をすることで、
売上はかなり伸ばせます。


そうすると、自分一人でやるよりも
トータルの利益が増えるようになってきます。



自分自身はあまり稼働しなくても、
十分に売り上げ、利益が上がる。


まずはここを目指すべきでしょう。




そして現状最もハードルが低く達成しやすいのは、
メルカリ販売だと思います。





さて、メルカリが半自動化できるようになったら、
今度はアマゾンに参入します。


今のアマゾンは数年前と比べて、
明らかにレベルが上がっています。


3年前ならあまり商品ページのクオリティが高くなくても、
1商品で月商100万とかいけたんですが、
現在は厳しいです。


周りのライバルたちがここ数年で確実に成長していて、
良い商品ページを作成できるようになっているからです。



つまり一定以上の実力が無いと、
アマゾンに参入しても稼げません。


段々初心者に厳しくなってきていますが、
多分今後も加速するでしょう。


ちなみに楽天はアマゾンよりも、
さらに厳しくなっています。



数年前なら、
まずはアマゾンの相乗りからスタートして、
ある程度稼げて慣れて来たら
自分のオリジナル商品を持って、
相乗りされない状態を作って、
独占販売をしてガッツリ稼ぎましょう!

というのが、僕がおススメしていた稼ぎ方だったんですが、
最初のアマゾン相乗りが今は厳しいです。



代わりにメルカリという新しい販路が出来て、
稼ぎの難易度で言うと明らかに低いので、
初心者さんはそっちの方がおススメです。





とはいっても、
やはりネット物販で独立したり、
ご飯を食べていこうとするなら、
アマゾンは外せません。



流通額は日本トップだし、
家電カテゴリで100位くらいに来ると、
1商品で毎日100個は売れます。


FBAに入れておけば
発送も自動化できるし、
将来性も抜群。


メルカリのような煩わしい顧客対応もありません。



最近は塾生やコンサル生で、
月商が1000万、2000万の人がちらほら出てきていて、
利益率も50%を超えています。



しかも従業員をほぼ雇わずに実質1人物販に近かったりすると、
手元に残る現金が半端無いことになります。



実力はもちろん必要なんですが、
夢のある販路です。




最近のアマゾンでの成功パターンはほとんどが、
中国輸入です。


一番多いのは、
外装やパッケージのみをオリジナルにして、
高級感や信頼感を持たせて、
相乗りが出来ない状態で販売する形です。


一定以上のレベルのリサーチ力と、
商品ページの作成能力が身につくと、
あとは商品数を増やした分だけ利益が増えます。


そして、一度ページを作って軌道に乗せてしまえば、
そこから先のメンテナンスはほとんど手間がかかりません。


どんどん積みあがっていくような感じで、
商品寿命も比較的長いです。



というわけで、次回は具体的にどうやって商品を探してくるのか?

の話をしたいと思います。



お楽しみに★






  • このエントリーをはてなブックマークに追加

僕がゼロからスタートするなら その5 メルカリ外注化

delegate-1969952_640.png


今日は外注化の話です。


メルカリの外注化ポイントはこんな感じです。

・検品、梱包、発送

・リサーチ

・お客さんとのやり取り

・商品ページ作成

・写真撮影、画像加工



この中で比較的時間がかかり、
外注化が簡単なもの(つまり誰でも出来る)は発送です。



なので、発送の外注からスタートするといいでしょう。





発送の外注化は僕は2種類あると思っていて、
1つは個人の外注さんに依頼。
もう1つは障害者施設への業務委託です。



今回は個人の外注さんに依頼するやり方です。



大体の目安ですが、
早い人で1時間に30通程度、
遅い人で10通くらいを発送できます。


外注すると相場は1件50円程度が一般的です。

外注さんは1か月に2-3万欲しいという人が
一番多いので、あまりにも発送数が少ないと、
中々受けてもらえないでしょう。


逆に1日に100通以上になってくると、
個人の外注さんでは対応しきれないケースが出てきますので、
その場合は、障害者施設など別の形を検討した方がいいでしょう。




募集サイトは一般の外注サイトでOKです。


代表的なものを挙げておきます。

ランサーズ


クラウドワークス


シュフティ


@SOHO



自分の使いやすいものであれば、どれでもOKです。
それぞれのサイトの使い方はググれば簡単に分かります。



募集の仕方ですが、
僕はあまり募集の形を取りません。


受けてくれそうな外注さんをサイト内で検索して、
直接メッセージを送ります。

例えば発送をお願いしたい場合は、
各サイトで「発送代行」と検索します。


そうすると仕事を受けてくれそうな人がたくさん出てくるので、
その人たちに直接メッセージで依頼したい仕事内容を伝えます。


この段階ではあまり詳細な情報を伝える必要はなく、
次のスカイプ面接に持っていければOKです。


概要を伝えて相手がOKなら
スカイプIDを聞いてスカイプ面接という流れです。



スカイプでは具体的な仕事内容、報酬、勤務に使える時間、
連絡の取れる時間、連絡手段(スカイプ、チャットワークなど)
など詳細な話を詰めていきましょう。


大体3-5人とスカイプすると、
相場観など大体の感覚がつかめてきます。

1人だけだと、その人がいい人なのかどうなのか、
自分の中に基準が出来ないので判断が難しいはずです。

そのため最低でも3人以上と話してみることをおススメします。



スカイプした中で最もいいと思う人を採用して、
業務を任せましょう。



なお、発送代行の場合は在庫を預けるので、
不安な方は契約書を交わしておくと良いです。


契約書のひな型はネット検索すればたくさん出てくるので、
それをいじる形でもいいと思います。


あとはお互いの身分証をコピーして渡しあっておくと、
安心感が増しますね。




外注さんと一緒に仕事をするうえで一番大事なことは、
信頼関係です。


自分が相手を信頼することと、
相手に自分を信頼してもらう事です。



外注さんにもメリットが無ければ、
当然受けてくれませんし、
受けてくれたとしても、いい関係を継続していくことは難しいでしょう。


お互いにメリットのあるいい関係を築いていくことを
最初から意識してやっていきましょう。











  • このエントリーをはてなブックマークに追加

僕がゼロからスタートするなら その4 メルカリ複数アカウント運用

smartphone-1957737_640.jpg


今日は
以前の続きでメルカリ複数アカウント運用についてです。


複数アカウント運用に関しては、
やり方が色々あるのですが、大きく2種類に分かれます。

1つは大量アカウント(多いと100とか)を使って、
スパム的に上位表示を繰り返し、
力技で無理やり売っていくスタイル。

もう1つは少数のアカウントで、
1アカウントあたりの売上を大きくして、
効率的に稼ぐ方法です。




僕は後者をおススメしています。




前者の大量アカウントの方法で稼げないことは全くないのですが、
かなりスパム的なやり方になってしまうのと、
こういった裏技的な手法はすぐに使えなくなるのが一般的だからです。


裏技は強力で、
カンタンに利益が上がるのですが、
実力を鍛えるモノではなく、
成長がありません。

そこに頼ってしまうと、
次第にグレーな手法でしか利益を上げることが出来なくなっていきます。

そしてグレーな手法は運営に嫌われるので、
大抵使える期間が短いのが特徴です。





ピンポイントで短期間だけ使うならまだしも、
全面的にグレーな裏技に依存してしまうのは危険です。



完全なホワイトや完全なブラックは存在しないので、
程度問題ではあるのですが、
出来る限りグレーな手法に頼らずに、
正攻法で利益を出せる形を目指すべきです。





というわけで、話しを戻して
複数アカウントの運用ですが、
問題になるのはこの2つだと思います。

・出金用の銀行口座

・メルカリアカウントの取得に必要な電話番号



どちらも簡単にクリアできます。


簡易的な方法と、
根本的な方法があって、

簡易的なら1アカウント1000円以下。
根本的なら数千円で取得できます。



簡易的な方法は、
アカウントが停止しやすかったり、
今後SMS認証などの新たな規制が始まると、
一切利用できなくなるリスクがありますが、
お手軽で安価です。


根本的な方法は、
完全にまっさらなアカウントが持てるので、
非常に安全性が高くなります。


個人的には根本的な方法をおススメします。


具体的なアカウント取得方法については、
独立型らくめるやメルカリ塾の特典でお配りしている
圏外飛ばし対策マニュアルに詳しく書きました。

メルカリ塾


独立型らくめる





ちなみにですが、
僕の塾生さんで月収100万を超えている方のアカウント数は、
大抵5個以内です。


良くあるケースはこんな感じ。

・アカウント数3個

・総出品商品数 50個程度

・売り上げ 250万

・利益 120万


結構、商品数が少ないな。
と感じませんか?

それはリサーチが上手く、
取扱商品のいくつかが毎日飛ぶように売れるからです。



アカウント数と商品数は少なければ少ないほど、
管理が簡単です。


他の販路で販売するにも手間がかかりにくいので、
やりやすく、売上を上げやすいです。



その代わりバカ売れ商品で固める必要があるので、
リサーチ力とページ作成能力が求められます。


リサーチ力とページ作成能力が無いので、
商品点数勝負やアカウント数勝負になってしまう人が多いのですが、
物販の基礎能力になるものが、
リサーチ力とページ作成能力です。

この2つはアマゾンでも楽天でも、
どこの販路でも必要で、
転売の先の世界に行こうとしたら避けては通れません。



メルカリでは、
ライバルが非常に弱いので、
そこまで高いレベルは求められません。

勉強してコツをつかめば誰でも出来るようになります。
(無勉強ではちょっと厳しいでしょう)




複数アカウント運用の大体のイメージですが、
以下を参考にするといいでしょう。

・アカウント数は5個前後。

・取扱商品数は100商品前後。

・1アカウントの月商は30万~50万程度。

・各アカウントごとに違う商品を販売。
ただし売れ筋商品のみ全てのアカウントで販売。
(その際に商品説明文などを完全コピーはやめて、
出来る限り文字や写真の一致率を下げましょう)



順番としては、
1アカウントあたりの売上を上げるのが先です。

1アカウントの売上が低い
(つまりリサーチ力やページ作成能力が低い)
状態で、アカウント数を増やして無理やり売る手法は、
かなり効率が悪く、もろいやり方です。


1アカウントの月商が30万を超えた、
もしくは取扱商品点数が増えたら、
アカウント数を増やしていきましょう。


中々月商30万まで持って行けない、
と言う場合は、商品リサーチかページ作成のどちらか、
あるいは両方に問題があります。


もしくは価格設定が高すぎるかです。


同じ商品をバンバン売ってるライバルと見比べて、
どこが違うのかを研究してみましょう。

そして価格やトップの写真など、
簡単に変えられるところからお試しでもいいので
変えてみましょう。



特に価格を思い切って下げてみるのはおススメですよ。


メルカリでは利益率よりも、利益額よりも、
販売個数を重視した売り方が、
結果的に一番儲かるからです。

↑ココ大事。




次回はみんな大好き外注化の話です。


お楽しみに★


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

セミナーのご案内

今日は渋谷で行うメルカリセミナーのご案内です。


4/15(土)に渋谷でメルカリのセミナーを行います。

メルカリセミナーは
初級リサーチセミナーと
リサーチ実践会に分かれています。


初級リサーチセミナーは3000円で
メルカリのリサーチ方法を基礎から学べます。


メルカリのリサーチはとてもシンプルで、
ある基準に従って商品を探すだけです。


基準と言うのは、これらの数字です。

・1か月の販売個数
・ライバル数
・利益額
・利益率


セミナーではそれぞれの明確な基準を
お伝えしますので、その基準を満たす商品を探して、
仕入れ、販売を機械的に行えば利益が出せます。


商品の探し方についても、
効率的な方法をお伝えします。


さらに今回は無料で使える未発表のリサーチツールを使った
リサーチ方法の解説も行います。


これは実用性抜群なので、
ぜひ最大限に活用してもらえればと思います。


価格は3000円と安いのですが、
出し惜しみせずにお伝えしますので、
とてもコスパのいいセミナーだと思います。



その後のリサーチ実践会では、
初級リサーチセミナーで勉強した内容を踏まえて、
実際にその場でリサーチをやっていただきます。



セミナーを聞いてやり方が分かっても、
いざ実際にやってみると上手くできなかったり、
細かい疑問や分からない点が出てきて
先に進めない事がよくあります。



実践会ではそういったことが無いように、
セミナーで聞いた内容を自分で実践できるように
その場で落とし込みます。


講師が各席を回りながら、
一緒に商品を探していきますので、
詳しいやり方を手取り足取りお伝えすることが出来ます。



疑問や分からない点は家に持ち帰らずに
その場で解決しましょう。


そしてリサーチ実践会の場で、
儲かる商品を見つけて、
セミナー代金以上の利益を出すことを目的にしています。



対象はどちらのセミナーも初心者の方です。
メルカリに触れたことが無い方でも、
ちゃんと儲かる商品を探す事が出来るようになりますので、
ご安心ください。



●メルカリセミナー@渋谷 詳細●

初級リサーチセミナー

日時 4/15(土) 12:30開場 13:00~14:30

リサーチ実践会

日時 4/15(土) 14:30開場 15:00~18:00

※終了後に2-3時間程度の懇親会を行います。
懇親会は講師とざっくばらんな話が出来る貴重な場ですので、
ぜひご活用ください。


場所 渋谷駅近く 
詳細はお申し込み後に届く自動返信メールでご確認ください。




お申込みはこちら

初級リサーチセミナー@渋谷

リサーチ実践会@渋谷


懇親会@渋谷 参加費用5000円


※お申し込み締め切り
4/10(月)24時


なお、メルカリのセミナーは今回でひとまず終了です。
今のところ次回の開催予定はございません。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

僕がゼロからスタートするなら その3

3039f1554c461432a8827b985b0ec583_s.jpg


「僕がゼロからスタートするなら」の3回目です。



前回までに
不用品処分や自己アフィリから、
メルカリに参入するところまで書きました。


今日は商品ページの作りこみについてです。



メルカリに限りませんが、
物販をしていれば必ずライバルがいます。

ライバルとの戦いに勝たないと儲からないわけですが、
一つの強力な武器になるものが商品ページの作りこみです。


例えばこの商品


コッチの商品と非常によく似ています。


というか多分一緒でしょう。


けれど、価格は5倍くらい差がありますし、
レビューでも高い方が優れています。


ページの作りこみ以前に商品パッケージの
効果も大きいですが、一番はやはり作りこみの部分です。


※メルカリのページはよく消えてしまうので
アマゾンのページを例に出しています。




メルカリでも同じようなことはよくあって、
全く同じ商品を
同じ価格で売っているのに、
販売数に10倍の違いが出ている商品がありました。



違いはページの作りこみだけです。

ページの作りこみはお金をかけることなく、
技術力やセンスでライバルと差をつけることが出来るポイントです。


ライバルとの差別化や単純転売からの脱却を考えたときに、
ここを避けて通ることは出来ないので、
ぜひ身につけてほしいスキルのひとつです。



さて、
アマゾンでもメルカリでもページを作る上で一番大事な部分は、
トップ画像です。



トップ画像が悪いと、そもそもクリックされません。
いくら内部を作りこんでいても、
クリック(メルカリの場合はタップ)されなければ、
見てもらえないので意味が無いです。


まずはクリックをしてもらう事。

クリック率を上げることを徹底的に意識しましょう。




メルカリの場合、
ほとんどのお客さんはスマホで購入します。

実際の画面を見てほしいのですが、
メルカリの商品一覧は写真と価格しか表示されません。


商品タイトルが載らないんですね。


iPhone6 plusのケースを売っていたとして、
お客さんからみると、
plusなのかノーマルサイズなのかがぱっと見で分かりません。


そうするとクリック率が落ちます。



いちいちクリックして確認してくれるお客さんは少ないので、
ほとんどはスルーして終了です。



アパレルでも、
レディースなのか、メンズなのか、キッズなのか?
サイズはどうなのか?
がぱっと見で分からない写真が非常に多い。


これはとてももったいないですね。
大抵スルーされます。




画像加工で目立つように文字入れして、
何を売っているのかがはっきり分かるだけでも、
クリック率が上がります。

クリック率が上がる=売上が上がる

ですからね。



画像加工はセンスと技術が必要で、
クオリティが低かったり、
センスが悪かったりすると逆効果になることもあります。


これはお稽古事と捉えて、
いくつか作ってみるといいですね。




壊滅的にセンスが無い人は、
自分でやる事は早々に諦めましょう。


外注に出して人の力を借りる方が早いです。


ただし外注に出すと、
費用がかかるので利益率が低下します。

また、コミュニケーション能力や明確な指示を出せる
経営能力が求められます。


これらが無いと外注化は上手く行きません。



自分ではできないし、外注化も出来ない、
では通用しないので、最低片方はマスターしましょう。


どちらも強い武器になります。




具体的な画像加工のやり方については、
ググればたくさん出てきますので、ここでは解説しません。

ちなみにメルカリ塾では、フォトショップを使ったページ作成方法を
具体的に解説しています。

http://rakumeru.com/wordpress/merschool/




理想はページ作成でライバルと差別化をして、
同じ価格でもたくさんの個数をさばけるようになる事です。


周りよりも高値で売れたら、なおいいですね。



他にも差別化の方法はたくさんありますが、
最初はお金をかけなくても出来る方法から考えましょう。


ページ作成能力が上がると、
ライバルとの差別化が一つ上のレベルで出来るようになります。


クリック率と転換率が上がって、
売上が伸びます。


良いページが作れるようになったら、
今度は商品数を増やしましょう。

(良い商品ページとは、クリック率と転換率の高いページのことですよ)


この順番で進めると、
効率的に売上を伸ばしていけます。

(この順番とは、ライバルの徹底的なリサーチからスタートして、
売れてる商品を仕入れて、そこからページの作りこみをするという話です)



新商品を入れれば入れるほど、
売上が伸びる手ごたえを感じるので、
モチベーションも落ちません。



ここで複数アカウント運用をすると、
さらに売上が大きく伸びます。



と言うわけで、次回をお楽しみに★



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

僕がゼロからスタートするなら その2

00758650b0942e4c96c21b60c72a28dd_s.jpg


前回に引き続き、
もし僕がゼロからやるなら何をするか?
を書いていきますね。



最初はメルカリやアマゾンを使って、
不用品の処分をして、

それから自己アフィリで
クレジットカードと銀行口座の作成をするところまで
話をしました。


前提は、

資金30万
使える時間 1日3時間

ですが、
この時点で資金は35万位になっているはずです。



資金も少し増えて、
いよいよビジネスのスタートです。



最初はメルカリから始めます。


理由は簡単で、即金性が高く、キャッシュフローがいいからです。



メルカリで一番最初にやる事は、
ライバルのチェックです。


何でもそうですが、
最初は上手く行ってる人を徹底的に真似るのが、
最も簡単で効率の良い稼ぎ方なんです。



なので、ライバルをチェックしてこれらを割り出します。


・メルカリで稼いでる人は実際にどのくらい稼いでるのか?

・その人はどういう事をやっているのか?

・自分でも同じことは出来るか?

・ほかに稼いでる人はいるか?

・いたら手法は同じなのか。違うのか。


出来る限り、丸裸になるまでチェックします。



ここは結構手間がかかりますが、
かなりの手間をかけてでもしっかりとやります。



具体的なチェック方法が知りたい人は、
メルカリ塾へどうぞ。

佐藤講師とスカイプして聞いてもらえれば、
詳しく教えてくれます。

メルカリ塾



ライバルチェックをしっかりやると、
こんなことが分かります。


・メルカリで稼いでいる人の出荷数

・1か月あたりの月商

・1か月あたりの利益

・仕入れに必要な資金額

・同じ利益を出すのにかかるざっくりとした時間



どうせやるなら、
月収100万を狙いたいので、
すでに達成しているであろうライバルを頑張って見つけます。

ライバルチェックだけで10時間くらいかかりそうですが、
やる価値は十分あります。



出来れば1人ではなく3人以上見つけます。

1人だけだと、偶然の可能性がありますが、
3人以上が同じやり方で月収100万を達成していれば、
それは非常に再現性が高く、
自分も同じことが出来る確率がぐっと上がるからです。





とにかくライバルのチェックは徹底的にやります。

これをすることで、
「このやり方で月収100万行けるんだ」とリアルに感じて、
自分の可能性が大きく広がるし、

「こうやるといいんだ!」
という発見がいくつも出てきます。



ライバルチェックが出来て、
稼いでいる出品者を数名見つけたら、
しばらくは徹底的に真似します。



同じ商品を仕入れて、
同じ価格で販売します。


それで同じ結果が得られたらOK。
得られなかったら、どこか違う部分があるわけなので、
そこを探して改善していきます。


そうすると、
どこが違うのかどうしても分からない部分が
いくつか出てきます。


その場合は、
知ってる人にお金払って聞いちゃいます。


間違いなくこれが一番早いです。

ここでけちっていると、
大きくスピードが落ちてしまいます。


ビジネスをする以上、
ある程度の投資は必要で、
特に最初のうちは重要になってきます。







35万の資金のうち、
5~10万は情報取得のための投資に回して
残りは全額を仕入れに回します。



借り入れを一切しないと仮定すると、
こんな感じでお金が増えていきます。





最初の資金 30万(5万は仕入れに使わない)
2か月目 39.6万
3か月目 52万
4か月目 67万
5か月目 87万
6か月目 113万



半年で83万円利益が出ますね。
(113万-30万)


計算の根拠は以下の通り。

利益率4割、回転率0.8(1か月に仕入れた商品の8割が売れる状態)


30万の仕入れで、そのうちの24万が1か月に売れるということなので、
24万の4割で利益額が9.6万円です。



かなり現実的な計算をしていますので、
再現性は高いです。







そして、収入を爆発的に増やす方法が2つあります。


それは、
商品ページの作りこみと
複数アカウント運用です。



次回はこれらについて説明しますね。


では、また☆






  • このエントリーをはてなブックマークに追加

僕がゼロからやるとしたら。

3d4d81e253218299ebe9a47562fc9d39_s.jpg


今日はもし僕がゼロからビジネスをやるなら、
何をやるか?という話です。


前提として、
所持資金は30万円。
使える時間は1日3時間と設定します。


一番最初にやる事は、
間違いなく不用品の処分です。

これは主にメルカリを使います。
理由はヤフオクよりも簡単で、
早く、高く売れるからです。

参考までにメルカリでは
売れた商品の約2割が出品から1時間以内で売れています。



本、CDなどのメディア系のみ、
アマゾンを使います。

理由はメディア系はアマゾンが
圧倒的に強いからです。

相乗りなら簡単ですしね。


家の中にある家電、服、ブランド商品など、
使わなくなったものを全て出品します。


自分の分が無くなったら、
今度は家族全員の不用品をもらって、
代理出品します。


不用品の処分が出来て家がスッキリして、
各プラットフォームの使い方も一通り勉強することが出来て、
資金がたまって、
ヤフオク、メルカリ、アマゾンの評価も貯まるので、
いいことずくめですね。






さて、不用品は無限に出てこないので、
一通り出品したら、そこで一旦打ち止めです。



次にやるのは自己アフィリです。
A8のセルフバックを使って、

ビジネス用の
クレジットカードの作成
銀行口座の作成

を行います。



A8



ちなみにセルフバックと言うのは、
A8に登録してこちらから行えます。


ここを通して
クレジットカードを作ったり、
商品を購入するとお金が貰えるサイトです。



ビジネスをするうえで、
プライベートとは異なる
クレジットカードと銀行口座は必須です。

後々確定申告や法人化の際にも大事になるので、
早めに分けて作っておくべきです。



不用品処分とセルフバックで、
5万~10万程度のお金にはなるでしょう。

実は
セルフバックはしっかりやると
結構な収入になって、
知り合いは1か月で50万稼いでましたが、
それはちょっとやりすぎですね。



さて、ここまでは準備です。

ここからいよいよ
ビジネスをスタートしていきます。


次回は具体的なビジネススタートについてです。

お楽しみに★




では、また☆








  • このエントリーをはてなブックマークに追加

独立で悩んでいる方へ

2f3ae13da107b882268512e02a8ae29d_s.jpg


独立で悩んでいる方へ



こんにちは。片桐です。


今日は独立しようか悩んでいる方へのメルマガです。


ネット物販ビジネスで稼げるようになると、
誰でも頭に浮かぶのが「独立」です。





僕が独立したときは、
2年ほど副業を続けていて、
月収で50-80万位を安定して稼げるようになっていた時でした。

ちょうどそのタイミングで会社の異動があり、
異動して会社員を続けるか、
退職するかの選択で退職を選びました。


退職する時はさすがに悩みました。


一度辞めたら、もう元には戻れません。
もし独立して上手く行かなかったとしても、
サラリーマンに戻ると、待遇はかなり悪くなるでしょう。


僕にとって会社の退職は
一生涯経営者として生きていくと決める事でした。



決断するうえで後押ししてくれたのは、
妻の応援です。



ちなみにですが、
何か大きな決断をするときに、
身近な人3人以上が応援してくれるようなら、
上手く行く確率が高いです。


少なくとも一緒に生活をしている人の協力は
何としても欲しいところです。


もし反対されるようなら、
もう一度よく考えてみた方がいいかもしれません。






身近な人は、あなたのことをよく知っています。

特に生計を同じくする人の場合、
失敗したら他人事ではすみません。


一緒に生活している人が応援してくれるという事は、
それだけあなたが信頼されているという事です。


「日常」「普段の生活」を知っている人からの
信頼はすごく大事です。



経営者の奥さんのいう事は、
コンサルタントの言う事よりも、
よっぽど的を得ていることが多かったりしますので、
身近な人の意見は大事にしましょう。




独立で迷っている方は、
まず当然ですが、現在のネット物販での収入が妥当かどうか
を考えましょう。


目安は、
月収50万~100万円を半年継続出来ているかどうかと、
最低半年は生活できる貯金があるかどうかです。



それにプラスして、
身近な人の応援が得られるかを確認してください。

配偶者がいる場合、配偶者の応援はほぼマストで欲しいです。
身近な人3人以上が応援してくれるなら、
成功する可能性が高くなります。

仮に失敗しても十分に再起が出来るでしょう。


最低でも1人以上は応援が無いと厳しいです。


身近な人の信頼を得ることが出来なくて、
お客さんや取引先から信頼されるか?
というと難しいからです。


独立したら会社の後ろ盾は無くなります。
個人として信用、信頼できるかどうかを
様々な場面で試されるようになります。



仕事はお金を稼ぐためにすると思いますが、
お金の前に信用と信頼がいります。

信用、信頼がお金に変化するようなイメージです。



逆に言うと、信頼さえ手に入れてしまえば、
あとはどうとでもなります。


苦しくなったら、助けを求めましょう。

信頼がある人はみんなが助けてくれます。




というわけで、
独立を考えている方は参考にしてもらえればと思います。



それでは今日はこの辺で。


ありがとうございました。





  • このエントリーをはてなブックマークに追加
Copyright © 片桐亮の中国輸入ブログ All Rights Reserved.

テキストや画像等すべての転載転用販売を固く禁じます